みゆきクリニック

みゆきクリニック

下部消化管内視鏡検査

COLONOSCOPY

下部消化管内視鏡検査GASTROSCOPE

上部消化管内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察する検査です。おしりから大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を進め、抜きながら大腸表面の粘膜を観察します。この内視鏡の先端には、小型の高感度電子カメラが取りつけられており、さまざまな大腸の病気の発見に役立ちます。

近年、食生活の欧米化により、日本人にも大腸がんが急増しています。 大腸がんの早期には症状の無い場合が多く、発見が遅れる場合が少なくありません。大腸がんの予防については、大腸がんになる前の良性のポリープのうちに早期発見し、内視鏡的に切除することが重要です。

大腸内視鏡検査でわかる疾患

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)
  • 虚血性大腸炎
  • 大腸憩室症など

下記に当てはまる方は、下部消化管内視鏡検査をお勧めします

  • 便に血が混じる
  • 検診の便潜血反応が陽性である
  • 下痢や便秘などの便通異常がある
  • 最近、便が細くなっている
  • 大腸ポリープを指摘されたことがある
  • 血縁者に大腸がんの方がいる
  • 貧血を指摘された
  • 40歳以上である

大腸内視鏡検査の流れFLOW OF INSPECTION

検査前

原則として検査前に一度、外来を受診してください。現在の症状やこれまでの病歴を伺います。検査の説明をし、検査日時を予約します。内視鏡検査に必要な血液検査を行うことがあります。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方は、その検査結果一式

検査前日

  • 朝食から、具の入っていないおかゆ、うどんなどを食べてください。
  • 乳製品、アルコールは控えてください。
  • 21時にラキソベロン 10 mL 1本を、200 mL以上の水で服用してください。

検査当日

  • 検査予定時間の4時間前から腸管洗浄液(モビプレップ)を服用してください。
  • 検査予定時間の1時間半前に来院してください。その際、残っている腸管洗浄液(モビプレップ)と500 mLの水かお茶を持参してください。

検査の前処置

  • 看護師が点滴をします。
  • 内視鏡室に入ってから、腸の動きを止める薬を筋肉注射します。また検査直前に鎮静剤を静脈注射することがあります。

検査

  • 検査時間は通常10〜30分です。
  • 大腸ポリープや早期のがんを見つけた場合には、その場で切除が可能です。
  • 病変のコントラストをつけるために、色素を散布することがあります。

検査後

  • 鎮静剤を使用しているため、検査後最低1時間はリカバリールームのベッドで休んでいただきます。
  • 帰宅前に担当医から検査の結果説明があります。組織検査をした場合には、後日、結果説明を聞きに来院してください(結果が出ているかを電話で確認してから、来院してください)
  • 検査当日の自動車・バイク・自転車の運転をしないでください。