みゆきクリニック

みゆきクリニック

超音波内視鏡

ULTRASONOGRAPHY ENDOSCOPE

超音波内視鏡検査(EUS)とは?ABOUT ULTRASONOGRAPHY

超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査(EUS)とはどんな検査?

超音波内視鏡検査は、先端に超音波がついた内視鏡を口から入れて、胃や十二指腸などの壁を通して、その周辺にある膵臓や胆のう、胆管、肝臓などを観察する検査です。

超音波内視鏡検査の特徴は?

  • 通常の超音波検査よりも、画像が鮮明です。
  • 膵臓、胆管、胆のうの病変に対して有効です。
  • 超音波内視鏡ガイド下せん刺(EUS-FNA)をおこない、より正確な診断が可能です。
超音波内視鏡検査(EUS)でわかる病気
膵臓
膵癌、神経内分泌腫瘍、膵のう胞(膵管内乳頭粘液性腫瘍【IPMN】など)、慢性膵炎など
胆のう
胆のう結石、胆のう癌、胆のうポリープ、胆のう腺筋症など
胆管
胆管結石、胆管癌など
その他
肝腫瘍、腎腫瘍、副腎腫瘍、腹部リンパ節、腹水、食道・胃粘膜下腫瘍など

*食道癌、胃癌、直腸癌の深達度診断(癌が胃や大腸の壁のどこまで入り込んでいるか)に用いられることもあります。

下記に当てはまる方は超音波内視鏡検査をお考えください。

  • 胆のう、胆管、膵臓に、腫瘍・ポリープを指摘された
  • 膵臓に、のう胞を指摘された
  • 慢性膵炎がある
  • 胆管が太い、胆管が細い(狭窄)、と言われた
  • 胆管に石があるかもしれない
  • 血縁者に膵がんの方がいる
  • 急激に糖尿病が悪化している
  • 腹痛や背部痛があり、体重が減っている
  • 腫瘍マーカー(CEAやCA19-9など)が高いと言われた
  • 膵酵素(アミラーゼ、リパーゼ)が高いと言われた
  • 食道・胃・十二指腸の粘膜下腫瘍を指摘された
超音波内視鏡で見える膵臓と膵管

通常の画像検査では、観察困難な膵管も、超音波内視鏡では鮮明に描出できます

超音波内視鏡で見える膵臓と膵管
分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)

超音波内視鏡では、より鮮明に腫瘍の内部が観察できます

分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)
分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)
超音波内視鏡ガイド下せん刺診(EUS-FNA)

超音波内視鏡で病変部を観察しながら、細い針を刺して、細胞や組織を採取します。

超音波内視鏡ガイド下せん刺診(EUS-FNA)
超音波内視鏡ガイド下せん刺診(EUS-FNA)
膵癌に対する超音波内視鏡ガイド下せん刺(EUS-FNA)
膵癌に対する超音波内視鏡ガイド下せん刺(EUS-FNA)
胃粘膜下腫瘍に対する・超音波内視鏡ガイド下せん刺(EUS-FNA)
胃粘膜下腫瘍に対する・超音波内視鏡ガイド下せん刺(EUS-FNA)